生鮮食品の犬の食事に赤身の肉を使用する理由

'粘液。'これは、数年前に生鮮食品の犬用ダイエットを考案し始めたときの私の最も嫌いな言葉でした。件名に「粘液」という単語が含まれているクライアントのメールを見つけたときはいつでも、私はうんざりしていました。多くの要因が犬の便に粘液を含む原因となる可能性がありますが、パターンがすぐに現れ、一般的な原因が私に飛び出しました:脂肪。私は「脂肪の多い」食事を処方したことはありませんでしたが、多くの犬が適度な量の脂肪でさえ消化に問題があることをすぐに知りました。

常に、脂肪レベルを下げることは、「整形式のスツール」のより幸せな電子メールレポートにつながりました。



犬の食事の脂肪を減らす最も明白で影響力のある方法は、赤身の肉を選ぶことです。米国農務省によると、「リーン」ビーフの脂肪は10%未満で、「エクストラリーン」ビーフの脂肪は5%未満です。



犬の食事における赤身の肉の利点を調べてみましょう。

金属製のフードボウルから食べるラブラドール。

赤身の肉は犬の食事に最適です。 Shutterstockによる写真撮影。



酢は犬に悪いです

赤身の肉は犬が消化しやすい

私が言ったように、多くの現代のコンパニオンドッグは脂肪の多い肉をうまく消化し​​ません。犬はたくさんの脂肪を食べて進化しなかったので、これは理にかなっています。野生では、獲物の動物は自然に痩せて筋肉質になります。それらは、今日の工場で飼育されている動物のように「肥育」していません。

赤身の肉にはたんぱく質がたっぷり詰まっています

高品質の動物性タンパク質は、犬が繁栄するために必要な必須アミノ酸を豊富に提供します。一定量の肉の脂肪含有量が増加すると、タンパク質レベルが低下します。

30%の脂肪、20%の脂肪、10%の脂肪を含む1,000カロリー相当の生の牛挽肉によって供給されるタンパク質と脂肪の量を比較してみましょう。10%の脂肪の牛挽肉は1.5倍以上のタンパク質を供給することに注意してください。 20%脂肪の牛挽肉と30%脂肪の牛挽肉の2.5倍以上のタンパク質!脂肪の多い肉が優勢な食事は、特に成長中の子犬にとって、アミノ酸の欠乏につながる可能性があります。子犬は、成犬の2倍以上のタンパク質を必要とします。



あなたの犬に追加する赤身の肉の量のチャート

犬の食事に赤身の肉を追加しますか?牛ひき肉のタンパク質と脂肪のこのチャートを見てください。

犬の映画ラスベガスを表示

赤身の肉はウエストラインで簡単です。牛ひき肉のチャートで他に何かが明らかになっていることに気づきましたか?同じ量のカロリーを得るには、10%の脂肪の牛ひき肉を食べる犬は、30%の脂肪の牛ひき肉を食べる犬の実質的に2倍の量の肉(重量)を食べることができます。

脂肪には、タンパク質や炭水化物の2倍以上のカロリーが含まれています。したがって、脂肪が多いほど、カロリーが高くなります。これは、バディがはるかに少ない食品を食べるようになることを意味します。ボーナス:赤身の肉は、太りすぎの犬がまだ満腹感を感じながら体重を減らすのに役立ちます。

赤身の肉は膵炎を引き起こしません。脂肪分の多い食品は、膵炎や膵臓の炎症を引き起こす可能性があります。膵臓は、血糖値を制御するホルモンであるインスリンを産生し、タンパク質、脂肪、炭水化物を消化する酵素を分泌します。膵臓が適切に機能すると、膵臓が生成する消化酵素は、小腸に到達するまで不活性のままです。しかし、膵炎の間、これらの酵素ははるかに速く活性化し、膵臓に漏れて、それ自体を消化させます。脂肪を減らして、この痛みを伴う、生命を脅かす可能性のある状態に苦しむ犬の可能性を減らします。

犬の赤身肉を重量で計算する

赤身の肉の市販の生の食事はバランスが取れている可能性が高いですが、あなたの研究をしてください。利益率を満たすために、一部のローフード会社は、高価な赤身のカットよりも安価で脂肪の多いカットを選択します。さらに、ほとんどの生のペットフード会社は、カロリー(1,000 kcalあたりの栄養素レベル)ではなく、食品の重量(乾物1 kgあたりの栄養素レベル)に基づいて栄養価を報告しています。食品のより高いエネルギー密度を説明するために栄養素レベルを調整せずに、体重(DM)に基づいて高脂肪の生の食事を処方すると、不正確な報告になります。

牛ひき肉のチャートをもう一度参照してみましょう。繰り返しますが、30%の脂肪の牛挽肉を食べる犬は、10%の脂肪の牛挽肉を食べる犬のほぼ半分の量を消費します。 「30パーセントの犬」は、ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸などのこれらの栄養素が消費量の減少を補うために比例して増加していない限り、他のすべての栄養素の約半分も摂取します。その結果、重量で計算したときに「完全でバランスの取れた」というAAFCO基準を満たしているように見える市販の生の食品は、カロリー(kcal)で計算したときに実際には1つ以上の栄養素が不足している可能性があります。

健康な犬の食事に取り入れるための赤身の肉

  • ひき肉(牛肉、バイソン、鶏肉、七面鳥)の90%が痩せている、または痩せている
  • 名前に「ロース」または「ラウンド」が含まれる牛肉または豚肉の切り身(トップサーロイン、トップロース、トップラウンド、ボトムラウンドステーキ、ポークテンダーロイン)
  • 子羊の脚の半分をシャンクします(細い部分のみ)
  • 子羊、シチューまたはケバブ用に立方体、脚または肩から(細い部分のみ)
  • 鶏の胸肉(皮なし)
  • 鶏肉、白身の肉(皮なし)
  • 鶏もも肉(皮なし)
  • 鶏肉、白身の肉(皮なし)
  • 七面鳥の胸肉(皮なし)
  • トルコ、薄肉(皮なし)
  • トルコ、白身の肉(皮なし)
  • 七面鳥の太もも(皮なし)
  • ヤギ
  • ウサギ
  • ウズラ(皮なし)

サムネイル:CynoClub / Thinkstockによる写真。