犬はナッツを食べることができますか?どのナッツが安全で、どれが安全でないかを調べます

人間として、私たちは私たちに喜びを与えるもの、特に食べ物を共有したいという本質的な欲求を持っているようです。私たちの指先で利用できる情報の世界では、私たちがペットに提供する前に、犬が食べるのに安全な人間の食べ物を尋ねるのは理にかなっています。 Dogsterはさまざまな食品グループを調査し、犬が果物、野菜、乳製品を食べることができるかどうかを尋ねました。ここで、人気のスナックナッツに注目します。それで、犬はナッツを食べることができますか?犬はアーモンドを食べることができますか?ピーナッツ、ピスタチオ、カシューナッツ、その他のナッツはどうですか?

犬はナッツを食べることができますか?まず、犬とナッツに関する一般的な言葉

犬はナッツを食べることができますか?ピーナッツバターの瓶をなめる犬。

犬はナッツを食べることができますか? Anna Hoychuk / Shutterstockによる写真。



犬はナッツを食べることができますか?さて、「犬はナッツを食べることができますか?」に対する答えです。それほど単純ではありません。



犬は殻の中でナッツを食べることができますか?一部のナッツには犬に悪影響を与える天然の毒素が含まれていない場合がありますが、すべてのナッツの殻は、犬の消化管を移動するときに組織を引き裂くリスクがあります。犬は殻からナッツを食べることができますか?多くのナッツの肉には、胃のむかつきを引き起こす可能性のある脂肪が大量に含まれています。多くの店で購入した市販のナッツには、犬を脱水したり毒殺したりする可能性のある塩やその他の化学物質も同梱されています。

大統領のためのマイルドレッド

犬はチョコレートや他のキャンディーコーティングで覆われたナッツを食べることができますか?これらの種類のナッツはさらに危険です。チョコレートは犬に有毒です。



そして、犬は生のナッツを食べることができますか?全体として、生のナッツでさえ、おやつとして適度に与えられたとしても、犬にとって賢明な食べ物の選択ではないようです。カビが生えている古いナッツは、他にも多くの問題を抱えているため、犬から遠ざける必要があります。カビ毒素は、犬の発作、神経学的苦痛、肝臓の問題を引き起こす可能性があります。実際、あらゆる種類または種類のカビの生えた食品は、食品ピラミッドのどのバージョンのどこに座っていても、適切に廃棄する必要があります。

それで、犬はどんな種類のナッツも食べることができますか?これらすべての注意と条件が邪魔にならないように、質問をもっと詳しく見てみましょう:犬はナッツを食べることができますか?そして、犬はアーモンド、ピーナッツ、ピスタチオなどのナッツを食べることができますか?

犬はアーモンドを食べることができますか?

犬はアーモンドを食べることができますか?もしそうなら、アーモンドは犬に良いですか?ここで見ているほとんどのナッツと同様に、アーモンドは…技術的に犬にとって有毒です。しかし、これらのナッツのほとんどと同様に、アーモンドは脂肪が多く、犬が大量に消化するのを難しくしています。脂肪分の多い食品は、膵臓が膵臓を分解して処理する能力を超えているため、犬にとって危険な場合があります。犬の食事に含まれる脂肪が多すぎると、膵炎を引き起こす可能性があります。



犬はピーナッツを食べることができますか?

ピーナッツは、「犬はナッツを食べることができますか?」と考えるときに頭に浮かぶ最も一般的なナッツの1つです。生または焙煎し、殻から取り出し、無塩の場合、犬は数個のピーナッツを安全に食べることができます。犬は人間ほど頻繁にまたは激しくピーナッツアレルギーを経験する傾向はありませんが、それらの食物アレルギーは存在します。ピーナッツには通常犬に適しているよりも多くの脂肪が含まれているので、いくつかのピーナッツは大丈夫ですが、注意して進めてください。これは、ピーナッツが観覧席に散らかる可能性のある地元の野球場で、ペットが犬の日にタグを付ける場合に特に当てはまります。

犬はピーナッツバターを食べることができますか?

犬がピーナッツを食べることができるかどうか、そして彼らがピーナッツバターを食べることができるかどうかは、まったく異なる質問のようです。クリーミーなピーナッツバターは、ナトリウム含有量ができるだけ少なく、量が限られているため、犬にとって安全で楽しいおやつになる傾向があります。面白いYouTubeビデオが何らかの証拠である場合、犬は本当にスプーン一杯のピーナッツバターを楽しんでいるようです。ここでドッグスターただし、娯楽のためだけに犬に餌を与えることはお勧めしません。また、犬に与えるピーナッツバターには、犬に有毒なキシリトールが含まれていないことを確認してください。

犬はピスタチオを食べることができますか?

ピスタチオは殻から外すと犬には大丈夫ですが、お勧めできません。ピスタチオは犬に有毒ではありませんが、大量の犬には脂肪含有量が高すぎます。まだ殻の中にあるピスタチオを犬に与えないでください。殻の中の他のナッツのように、それ自体が危険な消化障害を引き起こす可能性があります。



犬はカシューナッツを食べることができますか?

カシューナッツは脂肪分が多く、犬が推奨される脂肪摂取量の限界に達するのにそれほど時間はかかりません。多すぎると体重増加や膵炎につながる可能性があります。

犬はクルミを食べることができますか?

ほとんどのナッツと同じように、「犬はナッツを食べることができますか?」クルミは犬には脂肪が多すぎます。それはさておき、クルミはピーナッツやピスタチオなどのナッツよりも大きくなる傾向があります。犬は人間ほど完全に食べ物を噛むことがないため、クルミのような大きなナッツは消化が難しくなります。未処理の大きなナッツは、犬の排便を妨げる可能性があります。



犬はピーカンを食べることができますか?

いいえ、そしてクルミと同じ理由で。脂肪が多すぎるだけでなく、大きすぎて消化が困難です。犬やナッツのもう1つのよくある問題は、食べ過ぎた場合の胃の不調です。

犬はヒマワリの種を食べることができますか?

それらが無塩で鋭い殻から取り除かれれば、そうです、ヒマワリの種は少量の犬にとっては大丈夫です。地上やボールゲームの観覧席で気をつけるべきもう1つ。

犬はマカダミアナッツを食べることができますか?

これは、「犬はナッツを食べることができますか?」と考えるときに最も有毒なナッツです。マカダミアナッツは、ナッツ王国のブドウとレーズンです。それらは限られた量でさえ犬に非常に有毒です、しかし誰もまだ理由を確信していません。もちろん、ハワイ、オーストラリア、またはアフリカや南アメリカの特定の国に住んでいない限り、犬が誤って摂取するリスクはおそらく小さいでしょう。いくつかのマカダミアナッツは、犬に本当の短期的な神経学的問題を引き起こす可能性があります—震え、めまい、さらには一時的な麻痺。あなたの犬はマカダミアナッツがない方がいいです。

質問に対するいくつかの別れの考え、犬はナッツを食べることができますか?

犬のように貪欲な食べる人は、一般的に人よりもはるかに小さいことを覚えておくことが重要です。これは、犬が人間に比較的少ない問題を提示するものを処理して消化するのにしばしば問題があることを意味します。私たちの調査によると、犬に関しては、犬をナッツから遠ざけることが最善の行動であるように思われます。

サムネイル:dogboxstudio / Shutterstockによる写真。

この作品はもともと2014年に公開されました。

さらに、ナッツはあなたにとって本当に健康ですか?見つけに来てください>>

著者について

MelvinPeñaは、ノースカロライナ州ダーラムでほとんどの時間を過ごすライター、編集者、ソーシャルメディアマネージャーです。彼の興味は彼の犬、赤ちゃん(もちろん!)、芸術、ハイキング、都市農業、カラオケを含みます。

Dogster.comで犬が食べることができるものの詳細:

  • 犬はリンゴ、ブドウ、イチゴを食べることができますか?
  • 犬はトマト、ニンジン、セロリ、その他の野菜を食べることができますか?
  • 犬のための蜂蜜—犬はそれを食べることができますか?それは複雑です