犬はパンを食べることができますか?

パンは世界で最も古い調理済み食品の1つであると考えられています。朝食、昼食、夕食に世界中の文化で一般的に食べられています。しかし、すべての人間の食べ物が犬にとって安全であるとは限りません。パンのように良性のように見えるものでも。それで、犬はパンを食べることができますか?見てみましょう。

まず、犬はパンを食べることができますか?

ベッドの上で犬と一緒にルームサービスを食べる女性。

犬はパンを食べることができますか?あなたの犬とパンを共有する前によく考えてください!写真ラスロフ| iStock /ゲッティイメージズプラス



普通のパンを犬と共有することについて本質的に危険なことは何もありません。ただし、犬とパンを共有するときに覚えておくべきことがいくつかあります。 1つは、彼らが食べるパンの量を監視することが重要です。 「スナックサイズの量では、(プレーンな)パンは犬に問題を引き起こすことはありません」とEmbrace PetInsuranceのクレームディレクターであるJennaMahan氏は説明します。



「パンは犬に与えることができますが、カロリーが高い場合があります」と、ASPCAの動物毒物管理センターAPCCのメディカルディレクターであるティナウィスマー博士は言います。犬の体重が不足していると感じ、健康的で安全な方法で犬の体重が増えるのを助けたい場合は、獣医に相談してください。

犬をいや

犬はそれをパンを食べることができますかそうではありませんプレーン?

「犬はパンを食べられますか?」という質問に答えるとき。すべてのパンが同じというわけではないことを覚えておくことが重要です。ほとんどのパンは犬にとって安全ですが、一部のパンはあなたの犬を非常に病気にしたり、殺したりする可能性があります。パンには犬に有毒な成分が含まれていると危険です。



花火ベネドリルが怖い犬

たとえば、ウィスマー博士は、レーズンはブドウのように犬の腎不全を引き起こす可能性があるため、レーズンパンを避けることが重要であると警告しています。

犬はナッツと一緒にパンを食べることができますか?

ナッツを含むパンも犬が食べるのは危険です。 「特にマカダミアナッツは犬に有毒であり、すべてのナッツは脂肪が多いです」とジェナは説明します。高脂肪のおやつは、犬の下痢や嘔吐などの胃腸の問題を引き起こす可能性があります。ジェナは、高脂肪のおやつが多すぎると、犬が膵炎を発症する可能性さえあると警告しています。

犬はパンを食べることができますか…焼く前に?

「犬はパンを食べられますか?」と答えると、パン生地別の話です。 「犬が摂取したパンの上昇は、胃の中で上昇し続け、痛み、膨満感、その他の問題を引き起こす可能性があります」とジェナはアドバイスします。さらに、ジェナは、パンに使用される酵母の副産物であるエタノールが生地に含まれているため、パン生地は実際に犬を酔わせる可能性があると説明しています。



犬は健康上の理由でパンを食べることができますか?

犬は食事の利益のためにパンを食べることができますか…そして彼らはそうすべきですか?まず、犬の食事にパンを追加する前に、獣医に相談してください。犬の食事に食物繊維を追加しようとしている場合、ウィスマー博士は、全粒小麦または穀物ベースのパンを犬と共有するのが最善であると提案しています。無地の白パンやフランスパンのような他の種類のパンは犬に害はありませんが、繊維が少なくなっています。

犬は他の状況でパンを食べることができますか?

あなたの犬は処方箋をとる必要がありますが、ピルを飲み込みませんか?ウィスマー博士は、普通のパンを使って犬用の「小さなピーナッツバターサンドイッチ」を作ることを提案しています(ピーナッツバターにキシリトールが含まれていないことを確認してください)。これらの小さなサンドイッチは、ストレスのない方法でピルを隠すのに最適な場所であり、犬が必要な薬を確実に摂取できるようにします。

サムネイル:写真KonstantinGushcha | iStock /ゲッティイメージズプラス。

ヨーキー膨満腹

サッサフラス・ラウレイ受賞歴のある著者です。彼女の小説は、ラムダ文学賞からアメリカ図書館協会に至るまでの組織から表彰されています。 Sassafrasは、ブルックリンに住み、パートナーであるシニアチワワミックス、レスキューされたシェパードミックス、ニューファンドランドの子犬、2匹の偉そうな猫とセミフェラルの子猫と一緒に住んでいる認定トリックドッグインストラクターです。詳細については、sassafraslowrey.comをご覧ください。