犬はビール、ワイン、その他の種類のアルコールを飲むことができますか?

ビールやワインを片手にポーズをとる犬はかわいいです。ソーシャルメディアでたくさんのいいねやコメントをもらうことは間違いありません。しかし、犬はビールを飲むことができますか?犬はワインを飲むことができますか?そして犬は飲むことができますどれかアルコールの種類は?犬やビール、ワイン、その他の種類のアルコールを見てみましょう。

犬はワインを飲むことができますか?

居間で犬と一緒にワインを飲み、ピザを食べる女の子。

犬はワインを飲むことができますか?写真LightFieldStudios | iStock /ゲッティイメージズプラス。



トリフェクシスvsインターセプター

ビール、ワイン、または混合飲料で使用するために加工または発酵されるかなり前に、アルコール飲料の主な成分は、犬に有毒または有毒であるトップの植物の中にあります。ブドウから始めましょう。種なしでも種なしでも、ブドウは自然のキャンディーです。ブドウは甘くてジューシーで美味しい果物です。その理由はまだ獣医学の謎ですが、ブドウが犬にも有毒であることは間違いありません。それは、レーズンからワインまで、ブドウで作られた、またはブドウから作られたものをすべて除外します。



さらに、ワインはあなたにとって健康ですか?詳細>>

犬はビールを飲むことができますか?

ビールはどうですか—犬はビールを飲むことができますか?水、穀物、酵母に続いて、ホップはビールの生産における主要な成分を構成します。ワインのブドウのように、ホップが犬に有毒である理由は正確にはわかっていません。しかし、ブドウのように、ホップの消費が多くの犬に激しい身体的反応を引き起こすことは間違いありません。



嘔吐、体温の激しい変動、呼吸困難などの即時の身体的症状だけでなく、潜在的な腎臓の損傷についても話します。自宅で自分のビールを醸造することを楽しむ人々は、好奇心旺盛な犬から安全に醸造ホップを保管するように特に注意する必要があります。

犬はビールや他の種類のアルコールを飲むことができますか?有毒成分を調べる。

それで、犬はビールを食べることができますか?犬は、単純な空腹、好奇心、または退屈から何でも食べたり飲んだりすることができます。犬が「人間の」食べ物や飲み物を食べるのを見るのが楽しいと人々が感じていることを証明する数え切れないほどのYouTubeビデオがあります。これらが考慮に入れていないのは、犬の生理機能は、さまざまな点で、人間の飼い主の生理機能とは大きく異なるということです。犬のアルコールに対する不耐性は、犬のサイズに一部起因しています。完全に成長した大人の人間よりも、大人の犬を酔わせて毒殺するのに必要なアルコールははるかに少ないです。

しかし、犬はビールを飲むことができますか?たとえそれが非常に少量であっても?残念ながら、ビールやアルコールは、アルコールやエタノールベースの食べ物や飲み物のためにグラスやボウルに注ぐ必要はなく、犬の健康に深刻な脅威をもたらします。犬は、ラムケーキのような単純なものや、カーペットやソファにこぼれたときに皮膚からワインやその他のアルコールを吸収したことから、アルコール中毒やエタノール毒性の症状を示しています。酵母を含む未調理の生地を食べることも、犬の中毒の症状を引き起こすのに十分です。



犬はビールや他の種類のアルコールを飲むことができますか?身体的不寛容を見てください。

「犬はビールを飲めますか?」と答えるときのもう一つのポイント。人間は、時間の経過とともに責任ある消費を通じてビールとワインに対する耐性を高めます。犬の腎臓は、ビール、ワイン、または実際にアルコール性の飲み物のアルコール含有量をろ過または処理することを目的としていませんでした。また、犬は概して人間の飼い主よりもはるかに小さい傾向があるため、典型的な犬に顕著な身体的変化を引き起こすには、少量のワインやビールでも十分です。

ショットのない子犬

犬はビールを飲むことができますか?犬とアルコール中毒について知っておくべきこと。

ビーグル犬とビールで歓声を上げたり乾杯したりする人々。

犬はアルコール中毒になる可能性がありますか?写真eclipse_images | iStock /ゲッティイメージズプラス。

「犬はビールを飲むことができますか?」と答えるとき。私たちは2つの理由を経験しています-潜在的に有毒な成分と身体的不耐性です。しかし、犬がワインやビールなどのアルコール飲料を飲んだり、ラップしたりしてはいけないという主な理由は、まだ始まったばかりです。その理由は、ビール、ワイン、カクテル、または最も信頼できる夜間の咳止めシロップのブランドであるかどうかにかかわらず、犬はエタノール中毒症とも呼ばれるアルコール中毒のリスクがあるためです。



すべてのスタンプのアルコール飲料は、犬が人間に引き起こすのと同じ種類の反応を犬に引き起こしますが、犬のサイズが小さく、酔わせる性質を処理できないため、はるかに速く、より危険な結果をもたらします。アルコール含有量が高いほど、犬にとっては悪いことです。人間と同様に、アルコール摂取によって最初に影響を受けるものの1つは神経系です。犬のエタノール毒性の主な症状は、錯乱、見当識障害、運動機能の低下です。

十分なアルコールが与えられれば、人々は気絶することができます。犬の場合、結果ははるかに少ないものでより深刻になる可能性があります。私たちは、嘔吐、下痢、物事の軽い方の排尿の問題など、消化器系の不調について話しています。犬は十分な量である必要はありませんが、極端な場合、昏睡、腎不全、心不全の可能性があります。犬のアルコール中毒の重篤な兆候は、摂取後わずか1時間以内に現れる可能性があります。



「犬はビールを飲むことができますか?」に対する最終的な答え責任を持って飲み物を楽しんでください。あなたの犬なしで

「犬はビールを飲むことができますか?」という質問に対する短い答え。 「犬はワインを飲むことができますか?」 「犬はお酒を飲むことができますか?」常に響き渡るない!スポーツイベントに仲間を連れて行く場合でも、特別な人と夜を共有する場合でも、すべてのアルコール飲料やアルコールを含む食品が犬の手の届かないところに保管されていることを確認してください。天気が良く、地元のビアガーデンや醸造所に向かう場合、またはワイナリーツアーを計画していて、犬に優しい場所である場合は、ぜひ、犬を連れて会社に行ってください。

どこにいても、責任を持ってお気に入りの飲み物を楽しんでください。ただし、犬の好奇心や訴えかけるような目があなたの選択に影響を与えないようにしてください。アルコールが私たちの犬にもたらす潜在的な災害の膨大な数は、あなたの犬や子犬が近くにいるときに空の容器を適切に処分するのに十分な理由であるはずです。

犬は玉ねぎを食べることができますか

サムネイル:写真RossHelen | iStock /ゲッティイメージズプラス。

この作品はもともと2015年に公開されました。