ボクサーの子犬:犬の間でいたずらメーカーまたはモデル市民?

皆さんがお互いに考え、ささやいていることを私は知っています。「メルビン、あなたはいつもこの非常に理想化された、非常に貴重な方法で子犬を提示します。子犬の所有権は、かわいい子犬の写真で表現されている世界と同じくらいシンプルで問題がないように見えます。」私はこれを考慮に入れて、あらゆる種類のいたずらをしているボクサーの子犬のギャラリーを紹介できることをうれしく思います。私たちは皆、出生時に、すべての子犬が言葉にはあまりにも愛らしいということに同意することができます。



また、子犬を育てるのは重い責任であり、決して軽く行われるべきではないということにも同意できます。ボクサーの子犬はこの点で特別ではありません。ボクサーの子犬が他のどの犬種よりもいたずら好きだとほのめかすつもりはありません。ボクサーの子犬が私の子犬の写真のカレンダーの次に上がっていたのはたまたまです。これらの警告は邪魔になりません。小さな、くしゃくしゃの幼児の段階と、ボクサーの子犬から初めて有罪の顔をするまでの間に、まったく時間がないようです。



子守唄から出て、いたずらにまっすぐ



ボクサーの子犬は、子犬の箱から最初の暫定的な一歩を踏み出した瞬間から、卑劣な行動で始まります。トレーニングと社交は、ボクサーの子犬との幸せな生活の重要な要素です。結局のところ、これらの小さな男とギャルは巨大で肉体的に印象的な犬になります。この小さな仲間から目を離さないでください!

ボクサーの子犬は屋外用に作られました。外に出て、走り回って、おもちゃで遊んで、物を足で引っ張る—これは、ボクサーの子犬にとって最高のアクションと冒険の日です。しかし、夕食前におやつが欲しいときは、ボクサーの子犬は卑劣になります。この子犬は、猫の羽ばたきがおそらくおやつボウルへの最良のルートではないことをまだ理解していません。



猫の茶色の目の放電

もちろん、かわいい子犬の写真のようなものがあるということは、ボクサーの子犬が自分の思い通りに入るものと同じくらい人間の奇抜さのおかげです。このボクサーの子犬がエリザベスカラーで手術から戻ったとき、彼女の飼い主はオリーブの飾りが付いたボクサーマティーニの準備に抵抗できませんでした。ここで誰かがいたずらをしている、それは犬ではない!

ジョージルーカス犬の名前



ボクサーの子犬は、口の中で物をいじることでよく知られています。おもちゃ、キルト、または床に釘付けされていないその他のアイテムであるかどうかにかかわらず、ボクサーの子犬が目を引くものを手に入れることができれば、彼女はそれを持ち運び、別の場所に置きます。このボクサーの子犬のお気に入りのおもちゃは、彼女の最高のものを手に入れたようです!

家の中には、ボクサーの子犬のシェナニガンから安全な部屋はありません。ボクサーの子犬が入り込むのに苦労しているのではありません。しかし、彼らは好奇心旺盛で、新しい遊び方を見つけることに興味を持っています。トイレのドアを閉めるのを覚えていますか?番号?まあ、面白くてイライラするこのシーンに足を踏み入れても驚かないでください。トイレットペーパーの巻き直しを楽しんでください!

あなたが私のような人なら、あなたは最も不適当な瞬間にばかげたことを言って恥ずかしい思いをしました。私たちはそれを「自分の足を自分の口に入れる」と呼んでいます。ボクサーの子犬には、口に問題を起こさせる独自の方法があります。この小さな男の奇妙な苦境を私たち全員への教訓にしましょう。

ボクサーの子犬もモデル市民になることができます

いたずら好きなボクサーの子犬のこの不正なギャラリーが示すように、子犬の所有権は控えめに言っても難しい場合があります。確かに、それは人が耐えることができる最もやりがいのある種類の挑戦です。ボクサーの子犬は、トレーニングに必要な仕事をする準備ができていて喜んでいる犬の飼い主にとって、熱心で興奮し、熱心な友達です。行く前に、モデル市民であるボクサーの子犬に会いましょう。この小さな赤ちゃんボクサーの子犬の興味には、庭にじっと座っていることや、チューリップの香りを鑑賞することが含まれます。

ボクサーの子犬を花の隣に座らせて、自信、安らぎ、そして落ち着きのある感覚を刺激しないようにすることは可能ですか?確かに、このブリンドルのボクサーの子犬は、小さな庭の風車の隣に座って満足しているようですが、彼女を長時間アイドル状態にしないように注意してください。ボクサーの子犬は刺激と相互作用が必要なので、遊ぶおもちゃと心を占めるものがあることを確認してください!

ボクサーの子犬は遊ぶのが大好きです。しっかりした、しっかりした犬に成長して、彼らは新しい友達に会うことに伴う喜びと興奮を本当に失うことはありません。このボクサーの子犬のトリオは元気がありますが、彼らは、暴れ回ったり、自由奔放になり、放り投げたりするのは、外やドッグランにいるときであることを知っています。これらのボクサーの子犬がトイレットペーパーを解いたり、家の裏の猫の羽ばたきに頭を突っ込んだりするのを目にすることは決してありません。

あなたのボクサーの子犬はいたずらですか、それともいいですか?

すべての犬は異なります。それぞれに独自の性格と傾向があります。犬の飼い主として、彼らの野生の本能を囲い込むために彼らを訓練し、社交することは、私たちに大きく依存しています。

ボクサーの子犬の経験はありますか?ボクサーの子犬は夜は家を守り、仕事中はきれいな服のバスケットをライフル銃で撃ちますか?コメントで人生のあらゆる段階でボクサーとあなたの経験を共有してください!

犬から飼い主の安楽死への手紙