自宅から100マイル、盗まれた犬がRSPCAに乗車のフラグを立てる

3月下旬から行方不明になっていた犬が、英国動物虐待防止協会のバンにフラグを立てるという良識のおかげで、今は家にいます。



7歳のヨークシャーテリアであるアルフィーは、3月の強盗の最中に、別のテリアであるリリーと一緒に自宅から盗まれました。残念ながら、リリーはまだ行方不明です。先週、RSPCAの検査官であるステファニーローは、イギリスのバッキンガムシャーにあるジェラーズクロスの廃墟となった道路をバンで運転していました。そのとき、小さな犬がバンの前を走り、彼女に向かって吠えました。

「彼はバンの前を走って吠えました。私が立ち止まってドアを開けるとすぐに、彼はバウンドして座席に飛び乗って、私を見ました」と彼女は言いました。 「まるで彼が私のユニフォームを認識し、私が彼を救うためにそこにいることを知っているかのようでした。彼が森に捨てられて、私が車を運転しているのを聞いたときに足りなくなったとしか思えません。」



犬の生まれ変わり



犬が動物福祉団体に乗車のフラグを立てるのは珍しいかもしれませんが、アルフィーの帰郷の最後のステップは、何度も何度も耳にすることでした。RSPCAは、飼い主のカースティ・ミトンにすぐに連絡できました。マイクロチップを持っていた。

まだ行方不明のリリーが現れたら、帰るのはそれほど簡単ではないかもしれません。アルフィーとは異なり、彼女は欠けていません。しかし今のところ、ミトンはアルフィーが家に帰ることを喜んでいます。 「私たちはアルフィーを取り戻すために月を越えています」と彼女は言いました。 「私たちは彼に再び会うとは思っていませんでしたが、リリーがまだ行方不明になっているほど悲しいです。彼が無事だと聞いたらすぐに、車にまっすぐ飛び乗って112マイルを運転しました。」



ハッピーエンドに関係するすべての人、または少なくとも大部分はおめでとうございます。リリーはまだそこにいます、そして、ミトンとアルフィーがこれまでに持っていた幸運が彼女を家に連れて来るのにちょうど十分長く続くことを願っています。

RSPCA経由